今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

特集

[特集ITEM2018]PSP

2503号 - 2018年4月 12日


EV Insite net…充実機能を搭載したPACS
 PSP(東京都港区)は1989年の設立以来、約30年にわたり医療業界の仕事に携わってきた。長年自社開発にこだわり、システム一筋で着実に培った技術力は、多くの施設から信頼を得ている。自社の技術力を集結させたシステムで、今後とも色々な要望に応えていく。主な出展製品は次のとおり。

◎医用画像診断支援システム「EV Insite net(イーヴイ・インサイト・ネット)」
 業務の様々なシーンで活用できる充実機能=PACS「EV Insite net」は、フィルムレス運用における画像管理の主軸として活用されている。施設ごとに適した形でDICOMデータの保存方法を提案し、仮想化やクラウド保存にも対応している。大容量のシンスライスデータ、他院からの取り込み画像の管理や、非DICOM画像を一元化するソリューションも提供している。ビューアー「EV Insite R」は、読影医だけでなく各診療科医や院内スタッフにも直感的に使ってもらえるよう工夫を施している。また、研究、カンファレンス、教育まで様々な場面に活用できるビューアーである。

◎放射線業務管理システム「ARIStation」/放射線治療管理システム「ARIStation RT」
 放射線部門のパートナー=撮影業務をサポートする診断RIS「ARIStation」は、スピーディに業務が行えるだけでなく、「安全に撮影できること」に着目して開発してきた製品である。患者ごとに異なる禁忌、感染症、移送方法などの情報は、注意を促すように強調して表示される。治療RIS「ARIStation RT」は、販売開始から10年、着実に使用する施設を増やし経験を重ねてきた。放射線治療に関わる情報登録・予約管理・受付処理・実施入力機能を搭載。外部照射(X線治療、陽子線治療)と内部照射(HDR、LDR)に対応している。専用画面が業務ごとに設計されているため、放射線部門のフローに沿って必要な情報を効率的に登録・参照できる。

 併せて、4月14日(土)12時~12時50分、パシフィコ横浜アネックスホール2階F205+206でセミナー「読影医・技師のQOLを左右するPACSの使い勝手~PSP‐PACSでよかった!様々な場面の紹介~」[司会:上谷雅孝・国立大学法人長崎大学大学院医歯薬学総合研究科放射線診断治療学教授、演者:片平和博・国家公務員共済組合連合会熊本中央病院放射線診断科部長]を開催する。
 PSPは「臨床医療に携わるみなさまをお手伝いしたい」「患者さまや病院のお役に立ちたい」「地域医療を支えたい」などの想いを持っている。施設ごとの運用、要望をヒアリングし病院の一員になったつもりで一緒に考えながらシステム構成を提案している。また、経験を積んだ自社のエンジニアのもと、システムの導入や保守を行っている。「これからもひとりでも多くの方に『導入してよかった』と思っていだだけるように取り組んでいく」と訴求する。


特集一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications