今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

特集

[リレー連載②]臨床研修の現状と重要性

2410号 - 2016年5月 12日


植村和正・名古屋大学医学部附属病院卒後臨床・キャリア形成支援センター長
大学病院における医師臨床研修の課題

 この記事を読む指導医の多くは市中病院の勤務医の方が多いと思う。市中病院における臨床研修の特長(アドバンテージ)をご理解いただくために、大学病院における初期臨床研修の課題を記してみたい。
 平成16年度より必修化された初期臨床研修は、内科等主要科のローテート研修を基本としており、短期間(1~3ヵ月:必ずしも短いとは思わないが)で診療科を変更していく。このローテート管理のノウハウは10年余りの間にすべての大学病院が習得していると思う。自分が大学病院における初期ローテート研修の一番の課題だと考えるのは、各診療科間での研修医に関する情報の受け渡しや他科研修中の研修医に対する指導医や指導者の意識である。


特集一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications