今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

特集

「防災の日」特集…順天堂医院の新病棟が完工

2425号 - 2016年9月 1日


国内初 エレベーターによる避難システムを構築
 首都直下型地震を見据えて防災対策を施した都市型高層病院「順天堂大学医学部附属順天堂医院B棟・C棟」(東京都文京区)が8月に完工した。国内で初めて非常用エレベーターで避難する「病棟火災時避難安全システム」を構築したほか、病棟の災害対応を担う看護師からなる「災害看護リンクナース会」を組織し、日頃から防災啓発活動を行っている。建物には免震と制振のシステムを採用して横揺れと縦揺れを同時に防ぎ、電気やガスなどのエネルギーと水道については供給体制の多重化を図り、万一の災害時でも医療を継続できるようにした。さらに環境面では医療施設としては国内で初めて米国建築環境総合評価指標「LEEDゴールド」を取得。順天堂大学キャンパス・ホスピタル再編事業事務局の小林忠彦事務局長は「高層病院として災害に強く環境にも配慮した、他の模範となる未来型の病院を作った」と話す。


特集一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications