今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

特集

病院の「危機管理」特集:ウェルシィ…地下水膜ろ過装置で災害時の人工透析治療継続を

2440号 - 2016年12月 15日


 三菱ケミカルホールディングスグループのウェルシィ(=MCHC、東京都品川区、宮田栄二社長)は、BCP(事業継続)、社会貢献、経済性、環境保全の観点から、水源の2元化を実現する地下水膜ろ過システムを提案してきた。納入実績はすでに累計1170件以上に達し、病院など医療・介護施設向けは約44%を占める。地下水を飲料化するなど平時から活用しながら非常時に備えるとともに災害時用蛇口を通じて地域に水を提供できることなどが受け入れられ、近年、医療機関での導入が伸びている。中でも水を大量に使用する人工透析治療施設を有する医療機関では、万一の断水に備えて導入するケースが増えている。


特集一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications