今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

特集

医療材料GPOへの期待⑤…武藤正樹・国際医療福祉大学大学院教授

2466号 - 2017年7月 6日


共同購買組織(GPO)とは
コスト低減の切り札
100年前に米国で始まる

 さて、ここからコスト低減の切り札とも言われている共同購買組織(GPO)について見ていこう。GPOとは医薬品、医療材料、医療機器その他のサービスを共同で購入する仕組みのことだ。GPOは病院で行う購買交渉と何が違うのか? ひとつは共同購買では複数の病院の購買力を背景にメーカーと交渉するので、交渉力が大きくなる。一般に、流通業者は利幅が小さく、メーカーからの卸値(仕切値)の改定がないと、病院からの値下げ要求に応えられない実態がある。そのため、共同購買では、多数の会員病院を背景に、メーカー同士を競争させながら交渉を行い、メーカーからより有利な取引条件を引き出す方法が取れる。つまりGPOでは病院単独による価格交渉より、交渉力の背景となるバイイングパワー(購買力)が大きくなることに特徴がある。


特集一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications