今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

特集

[病院の経営支援特集]オリックス・ファシリティーズ

2509号 - 2018年5月 31日


年間省エネ量約1億4000万円相当に
管理一体型ESCO事業で省エネ

 大京グループで総合ビル管理事業を手掛けるオリックス・ファシリティーズ(=OFC、三宅恒治社長)は、2015年4月から福井大学および共同ESCO事業者の三菱UFJリース、東テクと共に取り組んでいる「管理一体型ESCO事業」で『平成29年度省エネ大賞(省エネ事例部門)省エネルギーセンター会長賞』を受賞した。平成28年度は、原油に換算した全省エネ削減量は2016キロリットルで目標値の100%を達成、運用改善目標についても206キロリットル削減し、目標値の130%を達成した。年間省エネ量を金額に換算すると約1億4000万円相当に及び、その省エネ効果の約8割は医学部附属病院の削減効果が占めた。エネルギー使用量が多い病院は、省エネ対策によりその効果が大きく出やすいことから、同社は受賞を機に、特に400床規模以上の急性期病院を対象に提案を強化したいとしている。


特集一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications