今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

特集

トップが語る病院経営①…武久洋三・日本慢性期医療協会会長/医療法人平成博愛会理事長

2520号 - 2018年8月 23日


 今週号から、日本慢性期医療協会の会長で医療法人平成博愛会理事長の武久洋三氏による連載シリーズ「トップが語る病院経営」がスタートしました。日本の医療を良くしていくために様々な提言を発信し続ける武久氏に病院が進むべき方向性を示していただきます。(編集部)

社会的入院の終焉が始まった
 2006年(平成18年)、一般病棟に看護配置7対1病棟が新設され、医療療養病棟には医療区分制度が導入されました。そして、2010年(平成22年)には医療区分の重い区分2と3の患者の割合が80%以上の重症者のための20対1病棟と医療区分2・3患者割合の縛りのない、まったく軽い医療区分1の患者の多い25対1病棟を作りました。25対1病棟は、まあいえば社会的入院の宝庫を公的に作ったことになります。


特集一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications