今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

特集

『防災の日』特集…日清医療食品

2521号 - 2018年8月 30日


「平成30年7月豪雨」で支援活動を展開
備蓄食材の重要性が浮き彫りに

 病院・介護福祉施設向け給食サービスの最大手、日清医療食品(東京都千代田区、菅井正一社長)は、「平成30年7月豪雨」で被害を受けた施設の支援活動を展開した。地震災害と違い、雨量などの気象条件によって被害エリアや状況が刻々と変わる中、同社の給食受託施設で食事提供が滞る事態は免れた。同社広報の神戸修主任は「安否確認システムなどを利用して、素早く状況を把握し、対応できた」と話す一方、改めて備蓄食材の重要性が浮き彫りになった。


特集一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications