今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

特集

[特集ITEM2019]コニカミノルタジャパン

2551号 - 2019年4月 11日


X線動画解析ワークステーション『KINOSIS』
 コニカミノルタジャパン(東京都港区)は『技術をつなぐ、ひとをつなぐ、未来をつなぐ。』をテーマに出展する。X線動画解析ワークステーション「KINOSIS(キノシス)」をはじめとした新製品を展示。『高解像・高感度・高画質』を実現した「AeroDR fine」とその画質性能を最大限に引き出す画像処理エンジン「REALISM」や、ヘルスケアICTソリューション「FINO.View」、被ばく線量管理システム「FINO.XManage」、超音波診断装置「SONIMAGEシリーズ」などを提案する。また、「ウィメンズヘルス」「医療安全」「人工知能(AI)技術」について紹介する。

◎「KINOSIS」
 『単純X線撮影は、動画撮影の領域へ。』をコンセプトに新開発されたデジタルX線動画撮影システムは、X線動画解析ワークステーション「KINOSIS」、可搬型DR「AeroDR fine」、一般X線撮影装置(島津製作所の「診断用X線装置RADspeed Pro」を採用)で構成される。パルスX線を連続照射し、コマ撮りした画像を連続表示することで動画を作るまったく新しいシステムである。実際の動きを観察できる胸部X線動画からは、静止画に比べて非常に多くの情報を得ることができる。また、CTやMRIが仰向けに寝た状態で撮影するのに対して、同システムは体を起こした立位で撮影できるため、日常生活における体勢に近い状態で観察できるというメリットがある。主な特長は次のとおり。

▽「動き」を見える化する=肺野内の鎖骨と肋骨を減弱し、肺野内の視認性を向上する「BS-MODE(胸部骨減弱処理)」や、各構造物の視認性を向上させ、動きの観察のしやすさを追求する「FE-MODE(周波数強調処理)」で、静止画像で培った視認性向上のための画像処理を動画像においても提供する。

▽「動き」を定量化する=DM-MODE(特定成分追跡処理)で、横隔膜の動きなど構造物の動きを数値化しグラフ表示させることが可能である。動きを定量化することで、症状や機能評価に今までにはない新たな視点を導入する。

▽肺組織の「動き」に伴う信号値変化を抽出=呼吸に伴う肺野内濃度変化を抽出し表示するPL-MODE(基準フレーム比計算処理)や、血管の拍動に伴う肺野内濃度変化を抽出し表示するPH-MODE(相互相関計算処理)で、肺胞や肺血管など肺組織の挙動に伴う信号値変化を捉え、それをディスプレイ上に表示することで、生体のわずかな動きを表現する。これにより、CTやMRIなどの高度な診断装置を使用する前のスクリーニング段階における単純X線検査でも、一定の機能評価のための情報収集に寄与することが期待できる。


特集一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications