今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

特集

[特集ITEM2019]キヤノンメディカルシステムズ

2551号 - 2019年4月 11日


再構成技術で得られる高精細画像 統合型ヘルスケアITソリューション
 キヤノンメディカルシステムズ(栃木県大田原市)は、『Made Possible』をブースコンセプトに、高精細検出器やAI技術を応用した再構成技術で得られる高精細画像、さらに患者データを統合・解析・共有する統合型ヘルスケアITを中心に紹介する。高精度データを最大限に活用し、患者アウトカムを最大にする同社の取り組みをブースで体感できる。
 患者中心のケアをひとつ先のステージへ導くために、統合型ヘルスケアITソリューションであるAbiertoを中心としたモダリティやクリニカルアプリケーションの最先端の連携を示すコンセプト。医療コストをミニマムに、医療価値を最大にするためのVBHCに基づき、臨床領域ごとに価値あるソリューションを提案する。

▽CT=高精細CT Aquilion PrecisionとエリアディテクターCT Aquilion ONE/GENESIS Editionを中心にキヤノンCTの最新技術(DLR、MBIR、Subtraction等)を展示。また、急性期脳卒中・虚血性心疾患(冠動脈疾患・心筋虚血)などの各種臨床アプリケーションを用いた臨床応用の事例について紹介する。

▽MRI=1.5T MRI Vantage Orianと最新Ultra Gradientシステム(参考展示)をモック展示。体験コーナーでは、独自のプロジェクション技術により開放的で安心感のあるMRI検査を体感することができる。“Ultra Gradient”が実現する歪みのない高分解能DWIや、AI技術を応用した最先端の再構成技術であるDLR(参考展示)がもたらす高精細な臨床画像により、キヤノンMRIの先進性や将来性を紹介。

▽超音波=Aplio i800を展示。新次元のBモード画質・微小循環血流モードSMIに加え、肝臓疾患が脂肪肝から進行するそれぞれのステージにおいて使用できる最適なアプリケーションを紹介。また、本体重量1.2kgと軽量ながら12インチ大画面、バッテリ駆動3時間を実現した新製品タブレット超音波Viamo sv7を初展示。

▽X線装置=昨年のITEMでデビューしたX線アンギオシステムAlphenixと320列エリアディテクターCTAquilion ONEを新たに組み合わせた最新鋭Angio-CTを展示。高画質・自動化技術・低被ばくを実現し、多彩な臨床アプリケーションを搭載可能なAlphenixを紹介するとともに、アンギオシステムとCT装置の連携が可能とした高度な診断・治療を提案する。

▽ヘルスケアIT=医用画像を中心に業務ワークフローを改善したソリューションを紹介。最新AI技術を搭載した読影ソリューション(参考展示)が、スタッフの働き方改革を実現、部門間の情報連携でチーム医療に貢献する。また、新しく発表した線量管理ワークステーション「DoseXross」は、被ばく線量を見える化し、詳細な管理と明示的な分析を可能とする。

▽核医学=3検出器型ガンマカメラ「GCA-9300R」と、Large Bore TOF PET-CT「Celesteion」を展示。GCA-9300Rは高い収集効率が生み出した高分解能な画像や新たに開発した非採血脳血流定量法の「IBUR」について、Celesteionは高時間分解能TOFを実現した独自の検出器技術や、病巣描出能を高めた新バージョンについて紹介する。

▽治療装置=Elekta社放射線治療装置(VERSA HD、INFINITY、Synergy)、IBA社陽子線治療装置(PROTEUS ONE)を大型モニターで紹介。無駄な被ばくのないIGRTとして評価の高い、Catalyst、Clarityの紹介やオープンガントリの陽子線治療装置PROTEUS ONEのモックアップも展示する。


特集一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications