今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

特集

[特集ITEM2019]島津製作所

2551号 - 2019年4月 11日


全身の検査・治療に対応する血管撮影システム『Trinias unity edition』
 島津製作所(京都市中京区)は、ITEM2019では「健康長寿社会の実現」のために、予防から診断、治療、そして予後まで、一人ひとりの一生を通してヘルスケアに貢献する最新の製品や技術を紹介する。

◎血管撮影システム
 「Trinias」シリーズの「unity edition」から、天井走行タイプの16×12インチFPD搭載システムを出展。同装置は、頭部、腹部、四肢から心臓領域の治療までクロスオーバに全身の検査・治療に対応する。また『低侵襲カテーテル治療Minimally Invasive Experience』をコンセプトに新たに開発されたSCORE Chaseによる長尺DSAとロードマップ機能の融合が、新たに低被ばく・造影剤の低減を提案する。主な特長は次のとおり。

▽SCORE PRO Advance=SCORE PRO Advanceでの高画質化は、低侵襲(低線量)治療をさらに一歩前進。パルスレートとパルス当たりの線量を各検査により最適に組み合わせることで、1検査あたり50%程度の線量低減が見込める。

▽SCORE StentView(オプション)=拍動で動く画像からリアルタイムでStentの情報を抽出し、その視認性を向上させながらStentを固定表示させることで、より確実なデバイスの留置をサポートする。

▽SCORE Chase(オプション)=血管走行を追い長手・横手方向に自由にパンニングしながら撮影を行い、撮影後に自動で長尺画像を作成するアプリケーションである。撮影後は、長手・横手方向に位置補正された長尺画像が瞬時に自動作成され、モニタ表示されるため、下肢血管走行の全体把握が容易に行える。

▽SCORE MAP=インターベンションの部位や手技・手法に合わせて、多彩なロードマップ機能を選択できる。MAP画像は、視野の切り替えや画像の拡大にも追従する。また通常の透視との切り換えや、骨のあり/なしの表示切換も瞬時に行える。

◎デジタル回診車
 シリーズ累計4000台以上の実績を誇るMobileDaRtの最新バージョンMobileDaRt Evolution MX8 Versionのコニカミノルタ社製DRシステムを初出展。加えて、同社製DRシステム、キヤノン社製DRシステム、富士フイルム社製DRシステムを搭載した全4タイプのMX8 Versionを実機にて体感できる。伸縮式支柱により走行時に広い視野を確保できる別次元の安心感、低重心化設計によりさらに安定した走行性など、モバイルの新たな可能性を形にしたMX8 Versionを紹介する。主な特長は次のとおり。

▽コリメータ上のスイッチ操作だけで、本体を前後移動できる。また、この操作中に走行ハンドルに力がかかると走行を停止し、本体移動中のX線ばく射はインターロックされるなど安全にも配慮されている。

▽走行時に楽な姿勢で操作できるように使う人の高さに合わせてハンドル高さを2段階に調整できる。MX8では、ユーザーへの細かな配慮を形にしている。

▽オールフリースイッチを押すと、支柱の回転、アームの伸縮、X線管の上下動が一度に行える。コリメータ側だけでなく支柱側からもポジショニングできるように、アームやキャッチ部にもオールフリースイッチを設けている。

▽様々な医療現場に対応できるよう、ワイヤレスFPDは大視野タイプからコンパクトタイプ、感度の異なるタイプ等をラインアップしている。

▽走行時には、支柱を収縮することで前方の視野をさらに広く確保できる。見やすい安心と使いやすさで、今までにない回診業務を実感できる。

▽装置幅56cmのコンパクトな本体は、狭い場所でも楽に移動できる。また低重心で丸みをおびたデザインは、走行中の前方の足元の視界が確保しやすく、安心して移動できる。


特集一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications