今週の読みどころ

新製品情報

記事一覧

セミナー・講演会等

記事一覧

特集

[病院の経営支援特集]メディカル・データ・ビジョン

2557号 - 2019年5月 30日


デジタル健康ソリューションを提案
予防医療や災害対応に

 医療用データを患者の手元へ―。メディカル・データ・ビジョン(=MDV、岩崎博之社長)のデジタル健康ソリューション「CADA―BOX」の「カルテコ」は、患者が自分の診療情報の一部を保存・閲覧できるサービス。患者と医療従事者間のより強固な信頼関係構築や予防医療の推進などを目指して開発されたが、災害で紙媒体のデータが被災し使えなくなっても、クラウド上にある診療情報は被害を受けない。病名や処方薬、検査値の結果などに被災後もアクセス可能だ。22日には、都内初導入となる慈生会等潤病院(東京都足立区、伊藤雅史院長)がMDVとともに記者会見し、カルテコを含むデジタル健康ソリューションの導入経緯を説明した。すでに健診結果を受診者に公開するサービスを開始、診療データの公開など本格運用のスタートは10月頃の予定だ。


特集一覧へ

会員専用サイトへ

ログイン

医療関係団体ニュース

インフォメーション



身近なニュースを
お寄せください

・新製品
・セミナー
・講演会情報など

お問い合わせはこちらまで
お願いします


医療機器の医療機器ネット

常勤・非常勤医師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ドクター・ネット

看護師/准看護師の就職転職人材紹介は
ジェイ・ナース・ネット

By Next Communications